« 『出石焼(但馬のくらしとやきもの)』展を観覧 | トップページ | エディツト・ピアフを聴く »

2016年1月27日 (水)

『第70回 姫路市美術展』を観覧

最近、滅多に行かない姫路市立美術館で、『第70回 姫路市美術展』が開催されていると知って観覧してきた。日本画、洋画、彫塑、工芸、写真、書、デザインの7分野で、206点展示されている。

絵は、大きいものが比較的多かったが、私は小さいものを好む傾向があるので、ちょっと残念な感じ(*注)。もちろん、それぞれに上手なのだろうが、特に印象が強いものは絵画ではなかった。

書の方も、あまり好きなものはなし。写真は、いつもスルーするので、関心は薄い。ただ、展示点数は少なかったのだが、彫塑には、幾分面白いものがあった。特に藤川紗保奈の「兆し」、井上久の「蟻が糖~そう言える世の中に~」は、主張が感じられて良かったと思う。

当日は、無料ということもあって、割と多くの人が観覧していた。好きなものを好きに楽しむ。これが芸術を楽しむ醍醐味と思う。楽しめる作品に出会えてよかった。平成28年1月31日まで。

*注

号の大きい絵画は、少し離れて見る必要があるが、今回の会場は通路も狭いのに、たくさん展示しているため、じっくりと鑑賞できない欠点がある。大きい絵画の出来が悪いという意味ではない。今回の展覧会は、点数的に、やや無理があったように思う。こういう展覧会には、大きな作品は不向きなのだ。

|

« 『出石焼(但馬のくらしとやきもの)』展を観覧 | トップページ | エディツト・ピアフを聴く »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63129713

この記事へのトラックバック一覧です: 『第70回 姫路市美術展』を観覧:

« 『出石焼(但馬のくらしとやきもの)』展を観覧 | トップページ | エディツト・ピアフを聴く »