« マイナス金利は有効か | トップページ | 『明石藩の世界 Ⅲ~藩主と藩士~』展観覧 »

2016年1月31日 (日)

姫路城もクレジットカードで

2016年2月1日から、姫路城でクレジットカードでの入城料の支払いが可能になる。これは外国人観光客に配慮したもの。利用可能になるカードは、「VISA」と「Master  Card」の2種類。窓口で、入城券や姫路城・好古園共通券を購入できるようになる。

姫路城は、2015年3月27日にグランドオープンして、入城者数が12月時点で、222万人を突破した。国内の城郭で過去最多の年間入城者数を記録したことは以前にも記した。2016年1月28日現在、その数は246万人達しているようだ。その中で、外国人観光客の割合は約1割。

彼らの中には、現金の持ち合わせがなく、休日に両替もできないことから、少なからぬ要望があったことに対応したものらしい。それにしても、少額の現金も持ち合わせないとは、少し不思議な感じだが、それが彼らの常識なら、それに対応するのも仕方ないと思う。これで、今まで、入城をあきらめた外国人観光客も、心配なく姫路観光を楽しめることになる。

*2016年5月29日追記

姫路城の西御屋敷跡庭園・好古園も入園料が6月1日から、クレジットカードでの支払いを受け付けるようになる。また同園内のレストラン「活水軒」でも、カードが使えるようになる。これで、好古園、姫路城どちらか側でも、クレジットカード使用でき便利になる。

利用できるカードは、VISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エクスプレス、ダイナーズクラブ。

*2016年9月17日追記

少し前の情報だが、姫路市では、大手前公園地下駐車場、大手門駐車場、イーグレひめじ地下にあるお城本町地下駐車場で、クレジットカード決済を導入した。外交人旅行者の強い要望によるもの。

利用できるカードは、VISA、マスター・カード、JCB、アメリカン・エクスプレス、ダイナースクラブ。

|

« マイナス金利は有効か | トップページ | 『明石藩の世界 Ⅲ~藩主と藩士~』展観覧 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63146631

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路城もクレジットカードで:

« マイナス金利は有効か | トップページ | 『明石藩の世界 Ⅲ~藩主と藩士~』展観覧 »