« アートビジネスの難しさ | トップページ | 最早、消費税減税しかない 2017~2020 »

2016年2月23日 (火)

アジアとの文化・経済交流強化が望まれる姫路市

姫路市は、海外姉妹都市との交流も、一部市民に限られ、それぞれの都市に関する催しも、ほとんど知られていない(*注)。また、これらの都市とのつながりが、どのようにしてできたのかは知らないが、経済交流があるようにも思えない。

国際文化交流は大切だが、文化だけの結びつきでは弱い。やはり経済との結びつきは無視できない。それに、21世紀はアジアの時代と言われて久しいが、残念ながらも姫路市は、中国と韓国を除いて、アジアとの文化交流は、あまりしていないようだ。

日本企業のアジア進出は、今後も必要と思われるが、文化と経済が一致して、戦略的に交流する必要があると思う。地元企業がアジアに進出している先(あるいは今後の進出検討先も含める)を確認して、留学生を増やすと共に、日本語教育も含めて、有効な総合的姉妹都市提携が求められる。

*注

姫路市が海外姉妹都市提携しているのは次の通り。

 ・ベルギー シャルルロア市

 ・米国 フェニックス市

 ・オーストラリア アデレード市

 ・ブラジル クリチーバ市

 ・中国 太原市

 ・韓国 昌原市

|

« アートビジネスの難しさ | トップページ | 最早、消費税減税しかない 2017~2020 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63251587

この記事へのトラックバック一覧です: アジアとの文化・経済交流強化が望まれる姫路市:

« アートビジネスの難しさ | トップページ | 最早、消費税減税しかない 2017~2020 »