« 『貞観政要』を再読 | トップページ | 歌っておれば、、、 »

2016年3月10日 (木)

沈丁花の開花 2016

雨上がりの朝、庭を覗いてみると、沈丁花の花が咲いていた。花の匂いが、かなり広く漂っている。気温が上がれば、更に、その範囲は広がっていくだろう。一昨日見た時は、既に、いい匂いを放ちながらも、蕾のままであったから、多分、雨が上がって、咲いたのだろう。

この沈丁花は、実は3本目だ。他の2本は、植える場所が悪かったのか、すぐ枯れてしまった。1本目は、やや陽当たりが好いところだったので、即アウト。ガーデニング業者に聞いて、2本目は、日陰に植えたのだが、西日が当たったようで、まもなく駄目になった。

こんなに難しい木なんだから、もう植えるのは止めようと思ったが、植木市で見て、また欲しくなり、懲りずに3回目に挑戦。その3本目は、半日陰で、ヤツデの傍に植えている。それが好かったのか、今年で3度目の花をつけた。花後の追肥には、注意しているが、今後も咲き続けてくれることを願いたいものだ。

|

« 『貞観政要』を再読 | トップページ | 歌っておれば、、、 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63324437

この記事へのトラックバック一覧です: 沈丁花の開花 2016:

« 『貞観政要』を再読 | トップページ | 歌っておれば、、、 »