« 兵庫県立武道館について | トップページ | 森田長太郎著 『国債リスク』を読了 »

2016年3月19日 (土)

春の初めの花たち 2016

毎朝、鶯の鳴き声が聞こえるのだが、姿は見えない。どこにいるのだろう。でも、彼らの鳴き声は、心地いい。春を感じさせるからだ。花の方は、梅の花は、ほぼ終わり、先日記した沈丁花は、今も咲き続けている。

また、気持ちのいい匂いを放っているヒイラギナンテンやクロッカスの黄色い花が目立つ。目立たないところでは、アセビの半透明の花、ユキヤナギの白い花が咲いている。ユキヤナギが、すべて咲き揃えば、それなりに目立つが、咲き始めの今は、まばらに咲いている。

そして、桃系統(花桃、源平桃)の木々や木瓜が蕾を大きくしている。木瓜は、咲く前から、微かな匂いを放っている。もう少し経てば、にぎやかなことになりそうである。

|

« 兵庫県立武道館について | トップページ | 森田長太郎著 『国債リスク』を読了 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63365181

この記事へのトラックバック一覧です: 春の初めの花たち 2016:

« 兵庫県立武道館について | トップページ | 森田長太郎著 『国債リスク』を読了 »