« 日本の新聞が、なぜトランプ氏批判記事を載せるのか | トップページ | 播磨の花見名所の紹介 »

2016年3月23日 (水)

姫路市の桜の名所

外国人にも認識されるようになった日本の桜見物(花見)。姫路城の桜並木も美しく、4月2日(平成28年の場合)、姫路城観桜会が三の丸広場で開催されたり、4月1日から7日まで(平成28年の場合)、西の丸庭園では、姫路城夜桜会が開かれたりする。今回は、姫路城以外の姫路市の桜の名所と言われるところをパンフレットに従い、備忘録的に紹介しておこう。

・まずお城の近くにある「好古園」。

桜以外の花々も楽しめる。散策向き。

なお、4月1日より3日(平成28年の場合)まで、開園時間を午後8時まで延長し(入園は午後7時30分まで)、日没後に園内の桜をライトアップする。

・「名古山霊園」。

ソメイヨシノが約200本植えられている。散策向き。仏舎利塔に行くのも兼ねて、昼間に行くのがいいだろう。

・市役所東にある「三左衛門堀周辺」。

川沿いの運河公園に桜並木がある。

・「手柄山中央公園」。

ソメイヨシノが各所に植えられている。またサンクンガーデンの様々な花も楽しめる。お花見向き。

・「書写山圓教寺」。

ロープウェイ山上駅周辺や摩尼殿付近のソメイヨシノ。散策向き。

・「廣峯神社」。

鳥居から神社までの山道や表門周辺の桜が楽しめる。散策向き。

・「塩田温泉付近」。

塩田温泉の1キロメートルほど南の川沿いの桜並木。

・「太市駅周辺」。

駅周辺の大津茂川の両岸に桜並木が見られる。

・「桜山公園」。

桜山貯水池周辺に、ヤマザクラ中心に桜が楽しめる。

・「夢前町(新庄)」

ソメイヨシノが奈良の吉野と比較されるほど評価が高い。

・「夢前町宮置付近」

川の両岸に桜並木が続いている。河川公園に駐車場あり。お花見向き。

・「香寺町」。

総合公園スポーツセンターのテニスコート、野球場、体育館周辺では、桜並木があちこちにある。駐車場有り。散策向き。

・「船津町」。船津公園の南。市立ふれあいの郷養護老人ホーム横の市川河川歩道沿いの桜並木。散策向き。

・「広畑・青山付近」。

両岸のサイクリングロードに沿って桜並木が続いている。

・「東汐入川周辺」。

山陽電車天満駅の南にある緑地公園では、公園を囲むように桜並木がある。

・「安富町」

林田川沿いの植木野から塩野地区の東岸に桜並木が続く。

*参考 姫路市内の桜の開花情報

より詳しい各地の情報は下記参照。ただ、現在(2016年3月23日現在)は、昨年の開花情報しか記されていませんが、参考にはなると思います。開花が始まると考えられる3月26日以後、データが更新されるかも。

     http://www.city.himeji.lg.jp/topic/sakura.html

|

« 日本の新聞が、なぜトランプ氏批判記事を載せるのか | トップページ | 播磨の花見名所の紹介 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63383904

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路市の桜の名所:

« 日本の新聞が、なぜトランプ氏批判記事を載せるのか | トップページ | 播磨の花見名所の紹介 »