« 『浜田泰介の世界』を観覧 | トップページ | 朝ドラ 『あさが来た』全視聴の感想 »

2016年4月 1日 (金)

在日米軍撤退は本来望ましいのだが、、、

米国共和党大統領候補のトランプ氏は、「日本が負担を拡大させなければ、在日米軍は撤退すべき」と主張しているようだ。これに日本はマスコミも含めて、過剰に反応しているが、トランプ氏の発言は、一般米国民の感情を代表しているとも言える。

もちろん、選挙戦の言葉が、どれくらい本気かわからないが、もし実現すれば、安保利権に、たかっている日米の安保関係者は、苦慮するだろう。だが、本来、他国の軍隊が主権国家に駐留するのはおかしいことだ。

それに駐留米軍は、日本を守っているわけではない。米国の都合で駐留しているのだ。そのことをトランプ氏は知らないようだが、米軍が撤退すれば、沖縄基地問題もなくなることは確かだ。また日本の安保関係者も、米軍が駐留することが当たり前のように考えているが、主体性が麻痺していると言える。

日本は、自国の「軍隊」で自国を守るべきことは明らかで、何の問題もない。日本の自衛隊は、「軍」として、使いこなせるかは別にして、それなりの武装能力を備えている。米軍撤退後の防衛システムの検討が必要だ。その上で、現在のおかしな日米安全保障条約は、一旦破棄して、改めて、対等な同盟関係を結ぶことが、むしろ正しい(*注)。

*注

仮に、米国が同盟に応じなければ、等距離外交の展開の検討が、安保関係者には必要だろう。世界の情勢が変化しつつある現在、いつまでも米国だけに、しがみつく思考は改める必要がある。そうすれば、本来の国防を無視した自衛隊の海外派遣なども無用となる。

ただし、非核方針は貫く必要がある。核は持っても抑止力につながらないのは明らか。そのような新しい安保体制の考え方もあっていい。また日本の世界貢献の仕方は、軍ではなく、今までの民間ベースの協力の充実で十分だ。

|

« 『浜田泰介の世界』を観覧 | トップページ | 朝ドラ 『あさが来た』全視聴の感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63423548

この記事へのトラックバック一覧です: 在日米軍撤退は本来望ましいのだが、、、:

« 『浜田泰介の世界』を観覧 | トップページ | 朝ドラ 『あさが来た』全視聴の感想 »