« 桜の龍野城に行く | トップページ | 池上英洋著 『官能美術史~ヌードが語る名画の謎』を読む »

2016年4月11日 (月)

今回の里芋は大正解

里芋は、好きな食材だが、時期により、いつも美味しいとは限らない。その中には、ゴリがあるものもあるし、一部腐っていることもある。売り場では、包装されているし、外観では、判断しづらい。結局、皮を剥くまで分からない。

父が好んだように、小芋がいいが、いつも売っていない。ところが、今回買った愛媛産は大正解。普通の大きさの里芋だが、ゴリもなく、腐ってもいなかった。今ままでの経験だと、まれなこと。小市民的には大変嬉しい。

早速、大根、ニンジン、揚げと共に調理し、出汁、みりん、酒、しょうゆで煮て、食したが、美味しかった。南蛮漬けと、冷奴、麩入りの味噌汁で、満足満足。好い食材を得ると、本当に幸せだ。

|

« 桜の龍野城に行く | トップページ | 池上英洋著 『官能美術史~ヌードが語る名画の謎』を読む »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63470826

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の里芋は大正解:

« 桜の龍野城に行く | トップページ | 池上英洋著 『官能美術史~ヌードが語る名画の謎』を読む »