« 伊藤亜紗著 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』を読了 | トップページ | 古典に見る色事~橋本治著 『性のタブーのない日本』 »

2016年4月 5日 (火)

花散らしの雨

朝、庭を見ると、満開になって喜んでいた花桃と源平桃の花が、昨日の雨で、無残な状況。昨日の雨が、花散らしの雨になったようだ。本当に花の命は短い。楽しめたのは、ほんの一瞬だった。

その一方、ハナカイドウとカリンの花は、満開に近づきつある。これらの花も、すぐに散ってしまうのであろうか。でも、シャクヤクの芽は大きくなっているし、ボタンも少しずつ大きくなっている。今月末には、楽しませてくれるだろう。

|

« 伊藤亜紗著 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』を読了 | トップページ | 古典に見る色事~橋本治著 『性のタブーのない日本』 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63442366

この記事へのトラックバック一覧です: 花散らしの雨:

« 伊藤亜紗著 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』を読了 | トップページ | 古典に見る色事~橋本治著 『性のタブーのない日本』 »