« 播磨地域周遊券の必要性 | トップページ | 今更ながら、御着城跡に行く »

2016年4月16日 (土)

熊本連続地震

2016年4月14日9時26分の熊本地震には、驚いた。当日、少し体調が悪かったので、早めに風呂に入り、就寝しようとした時、ふとラジオのスイッチを入れたところ、NHKの女性アナウンサーが、若干興奮気味に熊本地震が起こったことを報じていた。

それで、眠るどころではなく、報道を聞いていたら、規模は、震度7で、これは東日本大震災以来という。これは大変なことになったぞと思ったが、どうすることもできない。翌日、朝早く起きて、報道を確認すると、規模は、マグニチュード6.5で、2004年の新潟県中越地震より、やや小さい程度のように思われた。

ところが、余震は続いていたものの、本日16日に同じく熊本で、マグニチュード7.3の地震が起こった。これは1995年の阪神淡路大震災と同じ規模(*注)。となれば、災害の程度は、かなり大きくなる。違いは、都市部か地方都市かという違いだけである。

となれば、九州全土で被害が及ぶ。経済的負担も大きくなることだろう。日頃の備えが大切と言うものの、被災者の方々の今後の苦難が想像できる。ただ、現在のところ、原発事故につながっておらず、不幸中の幸いと言うべきか。

今回の地震で亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、負傷された方々の早い回復を望みたい。被災者の方々は、しばらく、落ち着かないだろうが、気を強く持ってほしい。私は運命論者ではないが、助けられた8か月の赤ちゃん同様、「生」は天のなすままだ。生き残った命を大切にしてほしい。

*注

但し、マグニチュードの大きさは7.3で同じだが、震源の深さでは差異がある。阪神淡路大震災では、震源の深さが16キロであったのに対して、今回の熊本地震では、震源の深さは12キロとされている。震源の深さが大きいほど、被害は大きくなる。ちなみに、東日本大震災は、マグニチュード9.0で、震源の深さは24キロだった。

なお、国土地理院は、今回の震災の地震エネルギーは、阪神淡路大震災の1.4倍と発表したが、比べ方に疑問が多い。また、経済損失は、これに必ずしも比例しないことも確かだ。

|

« 播磨地域周遊券の必要性 | トップページ | 今更ながら、御着城跡に行く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63492397

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本連続地震:

« 播磨地域周遊券の必要性 | トップページ | 今更ながら、御着城跡に行く »