« 姫路に求められる町歩きの催し拡大 | トップページ | スーザン・ストレンジ著 『国家の退場』を読了 »

2016年5月17日 (火)

白バラ咲く 2016

シャクヤクは、昨日の強い風雨で、わやくちゃ。無惨な姿になっていた。止む無く、花の部分は切り取り処分した。今年、シャクヤクは、比較的長く咲いていたから、まあ仕方ないとあきらめる。ただ切り花にした一輪挿しのみ、まだ、その姿を遺している。

さて、その代わりと言っては何だが、白いバラが朝、咲いていた。白いと言っても、正確には、クリーム色。3種類のバラを植えているのだが、一番元気のなかったものが一番早く咲いた。その他は、木自体、元気があったのに、まだ咲く雰囲気はない。いつ咲くのだろうか。いずれにせよ、バラが咲き始めると、花の季節は終わりを告げる。

|

« 姫路に求められる町歩きの催し拡大 | トップページ | スーザン・ストレンジ著 『国家の退場』を読了 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63645372

この記事へのトラックバック一覧です: 白バラ咲く 2016:

« 姫路に求められる町歩きの催し拡大 | トップページ | スーザン・ストレンジ著 『国家の退場』を読了 »