« 郭洋春著 『国家戦略特区の正体』を読了 | トップページ | 知日派を歓迎する危うさ »

2016年5月 5日 (木)

春風と春雨

一昨日は強い風と強い雨、昨日は強い風だった。春風と春雨で花は咲くが、その後の風雨で花は散らされている。そして、また開花しようとしている花がある。だが、その花も、いずれ春雨と春風で散ってしまうのだろう。

出典は不明だが、まさにこのことを表現した、次のような詩がある。

 春風春雨又開花、

 春雨春風又落花

自然の営みは、今も昔も同じことを繰り返している。人も同じことかもしれない。

 

|

« 郭洋春著 『国家戦略特区の正体』を読了 | トップページ | 知日派を歓迎する危うさ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63582600

この記事へのトラックバック一覧です: 春風と春雨:

« 郭洋春著 『国家戦略特区の正体』を読了 | トップページ | 知日派を歓迎する危うさ »