« 珍しい昆虫を庭で発見 | トップページ | 考え方の均衡~『菜根譚』より »

2016年6月18日 (土)

今は規制緩和も構造改革も不要 2016

日本経済の立て直しの手段として、よく規制緩和とか構造改革が取り上げられる。しかし、これらは、いつの時代にも通用する万能薬ではない。今は規制緩和とか構造改革も不適切な手段だ。
 
というのは、規制緩和も構造改革も、本来、好況が続いている時になされる政策であるからだ。しかしながら、現在の日本は、ずっと、とても好況とは言えない。ところが、政治家の方は、アホの一つ覚えのように、規制緩和や構造改革を主張する。
 
それで、景気がよくなると錯覚しているようだ。政治家の方々に経済政策に対する勉強が足りないとはっきり言える。では、どうすればいいのか。答えは、逆のことをやればいい。
 
すなわち、規制緩和ではなく、新しい規制で新市場を作ることだ。もちろん、古い規制は見直してもいいが、同時に新しい規制を作っていく。日本は、規制によって、多段階かつ多様な新市場を創っていくしか道はない。そうすれば、新しいビジネスが生まれる。
 
構造改革についても、これは生産効率を上げる手段だ。しかし今の日本は、明らかに需要不足。その時期に生産効率を上げて供給量を増やせば、ますますデフレを加速させる。かえって混乱を招くだけだ。よって、まず需要不足をいかに解消するかに政策を集中するべきだろう。決して構造改革の時期ではない。
 
与野党を問わず、政治家の方には、規制緩和や構造改革について認識を改めてほしいと思う。
 
*追記
 
大体、御用学者やコンサルタントが提供する政策案は、我田引水的なものか、海外の政策の真似事が多く、経済の実情を無視したものが多い。官僚、政治家の方は、彼らの意見を鵜呑みにせず、一旦、疑って、自分の頭で考えてもらいたい。
 

|

« 珍しい昆虫を庭で発見 | トップページ | 考え方の均衡~『菜根譚』より »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63794490

この記事へのトラックバック一覧です: 今は規制緩和も構造改革も不要 2016:

« 珍しい昆虫を庭で発見 | トップページ | 考え方の均衡~『菜根譚』より »