« 日本にとって厳しい時代 | トップページ | 東京都ナンセンス劇場~舛添氏辞任 »

2016年6月15日 (水)

6月の花々 2016

一応、深紅のバラの開花で、春の花は終わったと認識している。そして、今、咲き始めたのが、キキョウ、コスモス、カラー。一応、秋の花だろうか。急に、季節が飛んだ感じ。夏から秋へかけての花なのだろう。ちなみに、キキョウは、絶滅危惧種ということだが、そんな感じはしない。
 
そして、木々の中では、ナンジャモンジャの白い花が今にも咲きそうな雰囲気。咲く前から、まさに夏の雪のようなイメージ。花言葉は、清廉とか。この木は、母が実生から育てたもので、以前にも記したが、異なる樹種と思い込んでいたものだ。母が亡くなった後、私が植え替えると大きく成長した。
 
絶滅危惧種ということだが、これも、そんな感じはしない。いくらでも大きくなる感じだ。この木の実生から、更に2本も、順調に育っている。大きくならないように、毎年、剪定している。木の枝は柔らかく折れやすいので、注意しないと変なところで折れてしまう。ただ、今の時期に咲く花は、賑やかにしてくれるので有り難い。

|

« 日本にとって厳しい時代 | トップページ | 東京都ナンセンス劇場~舛添氏辞任 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63781062

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の花々 2016:

« 日本にとって厳しい時代 | トップページ | 東京都ナンセンス劇場~舛添氏辞任 »