« 求められる福祉関係の自治体権限強化 | トップページ | 『日本の昔ばなし』を読む »

2016年6月24日 (金)

英国のEU離脱とその裏にあるもの

英国が国民投票でEU離脱を選択した。欧州を一つにと理想を一応実現したかに見えた欧州共同体(英訳すれば、この表現はまずいかもしれない。一般には欧州連合と訳されている。欧州共同体は、その前の呼び名(EC)だが、個人的には、こちらの感覚でとらえている))だが、やはりハリボテで作った組織運営には無理があったようだ(*注)。
 
今まで、誤魔化し誤魔化し、何とかまとめてきたが、各国の国民の不満を止められない。ギリシャの崩壊の頃から、綻びが目立つようになってきていたが、今回は、英国のEU離脱問題が持ち上がり、世界を震撼とさせている。確かに世界経済にとっても大変なことかもしれないが、不自然な組織運営の継続は不可能だろう。仮に今回は回避しても、いずれ近い将来同じ問題が出ただろう。
 
英国は、域内移民が問題を大きくしたが、域内移民で成り立つ経済もあることから、離脱すれば混乱は避けられないと言われている。やはり安易な移民は、問題が多いことが、これからも分かる。英国は今後も矛盾する課題の解決に追われることだろう。
 
ただ、国民投票には、政策実行への強制力はないらしい。せいぜい参考程度の意見に留まる。後は、英国政府がどう判断するかということになる。世界の金融市場は、悲観的になって大きく反応しているが、英国は現実的に対応するだろう。
 
むしろ、今回の世界金融の大混乱をユダヤ資本は楽しんでいるかもしれない。こういう時こそ、大きい利ザヤを稼げるチャンスで、既に彼らは大きな成果を上げているだろう。いつの時代も、こうしたことに惑わされる人々がいる。そうであるならば、逆に利益も大きくなるわけだ。日本政府は、慌てることなく、冷静な対応を望みたい。少し時間がかかるかもしれないが、落ち着くところに落ち着くはずだ。
 
*注
 
そもそも欧州憲法さえ、まとまらないのに、一致した政策を取れるとも思えない。仮に、「欧州合衆国」を目指すなら、米国の建国過程が参考になるかもしれない。
 
*2016年6月28日追記
 
英国が混乱している。離脱を選択した人々が後悔しているというのだ。離脱派の公約が嘘だったことが明らかになったからだ。国民投票は、ポピュリズムの傾向があって、リスクが高いということだろうか。このことは、我々も学ぶ必要がある。すなわち、政党の公約の精査が必要と言うことだろう。人気投票してはならないことを肝に銘ずる必要がある。
 
 
 

|

« 求められる福祉関係の自治体権限強化 | トップページ | 『日本の昔ばなし』を読む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63823526

この記事へのトラックバック一覧です: 英国のEU離脱とその裏にあるもの:

« 求められる福祉関係の自治体権限強化 | トップページ | 『日本の昔ばなし』を読む »