« 一休の「大用庵の破却を止む」を読む | トップページ | 現代語訳 『好色一代男』を読む »

2016年6月10日 (金)

高齢社会にスーツ売り場は通年で必要か

時々、新しい服が欲しくなって、見に行くが、あまり「いいもの」がない。それはデザインであったり、仕上がりであったり、予算に合うものが少ないのだ。確かに、ほとんどの売り場は女物で占領されているのもある。

多分、男物は、あまり売れないのだろう。確かに買う頻度は、男はファッションに凝っいる者以外、低いかもしれない。だが、スーツ売り場、一年を通じて必要だろうか。スーツ専門店を除けば、百貨店もスーパーも、必要はないように思う。

ところが、これらの売り場に結構場所を取っている。一体、誰が買うのだろうか。高齢社会でスーツを必要とするのは、ほんの一握り。大抵がカジュアルな服装かブレザー類で十分だろう。若い人も、そんなに頻度高く、スーツを高く買っている雰囲気はない。

多くのスーツ売り場は、売り上げ効率が悪いのではないか。販売商品の構成を変える必要があるのではないかと余計なことながら気になってしまう。

*追記

百貨店に置いてある男物衣料品は、確かに、いいものも多いが、価格は高い。結局、バーゲンでしか買わないのは、女性と同じ。最終的には、一部しか売れず、多くはミスマッチな無駄な展示になっているのように思う。

常に実売価格で売れとは言わないけれど、姫路のような地方都市に相応しいように、もう少しマーケティングが必要ではないかと思う。地域に相応しい需要を掘り起こせば、まだ売れる可能性は高いだろう。

|

« 一休の「大用庵の破却を止む」を読む | トップページ | 現代語訳 『好色一代男』を読む »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63756253

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢社会にスーツ売り場は通年で必要か:

« 一休の「大用庵の破却を止む」を読む | トップページ | 現代語訳 『好色一代男』を読む »