« 初夏のガーデニングに登場するものたち | トップページ | 日本にとって厳しい時代 »

2016年6月13日 (月)

本格化するマイナス金利不況

日本銀行が、マイナス金利を導入後、経済が明らかにおかしくなっている。株式市場も、原因は、これだけでないにしろ(今回は英国のユーロ離脱の可能性が大きな要因)、暴落に次ぐ暴落状態。この流れは、当面続くだろう。最悪、数年続く可能性がある。それは予定された下落幅より大きくなるかもしれない。
 
金融機関や保険会社も、皆、マイナス金利対応に焦っている感じは拭えない。本来の経営努力を怠ったことも一因だが、金融機関が利益を出すことがより難しくなった。更に、それは一般事業会社にも波及している。各種積立金の運用が難しくなっている。それが事業経営に悪影響を及ぼすことは間違いない(例えば、賃金カット、退職金減額、配当カット等)。
 
また消費者も、この雰囲気を察して消費を全般的に控えている。特に高所得・高資産層が消費を抑制し、高額品が売れなくなっているという。株価の下落や利子等の受け取り減少と共に、市場の雰囲気から、消費は停滞するのだ。その他の層も、デフレ時代と同様の対応を取り、完全に不況感覚。
 
日本銀行が、このままマイナス金利政策を取り続けると、更に景気は悪化していくだろう。それは企業収益の悪化に伴い、税収が激減することを予測させる。そうなれば、税収増による財政再建は、全くあり得ない夢の話になる。
 
その時、積み上がった国債はどうなるだろうか。考えただけでも、ぞっとする。日本銀行は、よかれと判断したことが、今は明らかに逆回転している。これを回復することは、かなりの時間を要する。この不自然な政策を続ける限り、景気の回復はないかもしれない。
 
*追記
 
マイナス金利政策を続ける限り、消費税は上げられないだろう。そういう経済状態が続くのは否定できない。
 
 
 

|

« 初夏のガーデニングに登場するものたち | トップページ | 日本にとって厳しい時代 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63773580

この記事へのトラックバック一覧です: 本格化するマイナス金利不況:

« 初夏のガーデニングに登場するものたち | トップページ | 日本にとって厳しい時代 »