« 姫路城で武道大会を | トップページ | ピンクのバラ咲く 2016 »

2016年6月22日 (水)

去る者は追わず

ディオンヌ・ワーウィックの歌に、“WALK ON BY”がある。これは捨てられた女性の未練たらたらの歌。日本だったら、男が歌いそうな歌の内容(笑)。一般に、女性は、過去の恋愛関係に捉われないから、少し例外的な歌だ。もちろん、女性にもいろんなタイプがいる。

それに対して、男は、いつまで経っても、未練を残し、うじうじ傾向があると言われる(笑)。過去の女性関係の物をいつまでも持っていたりする。流風は、別れた時点で全て清算する。何も残さない。

ところで、父からは、「去る者は追わず」で行けと、若い時にアドバイスされた。別に男女関係だけに限らない。職場で、同じ志を持った者であっても、時と共に、意識が変わり、心変わりするのは致し方ない。

去っていく者を無理に引き留めても、いずれ、一旦そのように思った者は、後悔する。それなら、放してやれという考え方。一応、体面的に引き留めるポーズはするが、必死にならない。要らぬエネルギーは使わない。

これは自身が去る場合も同じ。去った場合も、決して後悔しない。前を向いていく。時に、追いかけられても突き放す。冷たいと言われるが、過去と訣別した方が楽。「去る者は追わず」の考え方は正解と思う。

|

« 姫路城で武道大会を | トップページ | ピンクのバラ咲く 2016 »

男と女」カテゴリの記事

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63706754

この記事へのトラックバック一覧です: 去る者は追わず:

« 姫路城で武道大会を | トップページ | ピンクのバラ咲く 2016 »