« 面白かった 『日本舞踊 梟祈願』 | トップページ | 熊本地震復旧・復興への提言を読む »

2016年6月 7日 (火)

子供の躾と生きる力

小学校二年生を山に置き去りした事件がしばらく話題になっていた。いずれにせよ、無事保護されてよかった。親は、躾のため、そのように処置したと言っていたが、どこでも、男の子の躾には苦労するのは確かだろう。だが、男の子で、おとなし過ぎる子供は、それはそれで不安だ。
 
あの親にすれば、子供のまさかの行動が予測できなかったことが、問題を大きくした。報道によると、子供さんは、親を追っかけるつもりが、混乱して、逆方向の山に向かったという。子供の行動は、なかなか、大人には予測しがたいということだろうか。
 
私も、子供の頃(小学生に上がる前)は、おとなしい部類に属したと思うが、それなりに親を煩わしたようで、時々、父から雷が落ち、押し入れに入れられたり、夕食抜きとか言われたり、家の外に立たされたりした。
 
ある時には、「嘘をつくのは、ウチの子やない。出ていけ」と言われて、素直に聞き入れて、遠くに行った記憶もある。いつもは、母のネットワークで、見つけ出されたが、ある時、どうしても見つからず、母はおろおろしたらしい。父と相談し、警察に知らせようかとした時、帰って来て、「おかあちゃん、お腹空いた」と言ったらしい。
 
この時の母の顔は今でも目に浮かぶ。実は、親の騒ぎは全く知らず、後でわかったことだが、少し離れた神社の境内の大きな木の下にいて、昼寝していたらしい(笑)。そして、父は、怒ることもなく、何も言わなかった。ただ、静かな夕食が、少し不気味だったのは、今でも記憶がある。
 
男の子の躾は難しい。ただ、何が正しくて、何が正しくないかを繰り返し、教え込むしかない。ある本では、人間は赤ちゃんとして生まれてきた時は動物。これをいかに人間に育てていくかということにあるとしている。ところが、動物から人間に変わる境目の判断がなかなか個人差もあって難しい。
 
テレビの報道では、躾の次のような段階があるとしていた。
 
一、口で優しく諭す、二、お小遣いなし、三、食事抜き、四、怒鳴りつける、五、無視、六、押し入れに入れる、七、お尻を叩く、八、頭、頬を叩く、九、家から閉め出す、十、山に置き去り、だ。
 
私の場合であれば、十を除いて、全て経験している。子供にとって、親の躾はうるさいものだが、でも、社会で生きる知恵を習得させると考えれば、重要なこと。親は、辛くとも、子供の将来を考え、躾を考えていく必要はある。
 
今回の山での置き去りは、問題だろうが、塞翁が馬とも言えないこともない。彼は、少なくとも、一つの生きる知恵を獲得したことは間違いないのだから。彼が立派に育っていくことを祈りたい。
 
*2016年6月8日追記
 
今回の事件について、専門家は、虐待との見解を寄せている。ただ、親子に信頼関係はあったようで、子供さんも、「両親は助けに来てくれる」と確信していたようだ。ちょっとした親子の行き違いが事件を招いたことは確かだが、今回は、あまり両親を責めず、静かに見守った方がいいのではないだろうか。
 
 
 

|

« 面白かった 『日本舞踊 梟祈願』 | トップページ | 熊本地震復旧・復興への提言を読む »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63742846

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の躾と生きる力:

« 面白かった 『日本舞踊 梟祈願』 | トップページ | 熊本地震復旧・復興への提言を読む »