« 清少納言の季節感 | トップページ | いい加減に自国自賛の番組は止めろ! »

2016年7月27日 (水)

恋人を同性の友人に紹介してはならない!

昔から男女の三角関係で悩む人は多い。そのきっかけの一つが、恋人を友人に紹介することだろう。恋人ができると、ついつい嬉しくなって、他者に知ってもらいたい欲が働く。しかし、ここで留まるかどうかが、幸せになるかの境界線だ。
 
ところで、メダカの世界は、それを忠実に守っているようだ。自然科学研究機構基礎生物学研究所と岡山大学の研究チームが、最近発表した研究によると、メダカの雄は、ライバルの雄が雌と交尾するのを直接阻止するだけでなく、間に入って接近を邪魔し続けることで、ライバルを雌に覚えさせないという。
 
雌にすれば、雄同士が競争して、競争に勝った強い者を選択することによって、よい子孫を残せるという本能があるらしい。よって、雄のメダカは、三角関係になると、別の雄と雌の間に割って入り、一日中、その位置を巡って争うらしい。そして、競争に勝つと、雄は雌の産卵と共に、精子を放出し、交尾が成立する。
 
つまり、雌に他の雄を近づけなければ、三角関係にもならず、無駄な争いもなく、雌を取られることはないということ。雌は近くの見える範囲で、雄を選択せざるを得ない。ただ、雌を他の雄から守る意思の弱い雄だと、遠い雄からも奪われる可能性があるらしい。人間世界の恋愛にも、きっと役立つ話だと思う(笑)。

|

« 清少納言の季節感 | トップページ | いい加減に自国自賛の番組は止めろ! »

男と女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63972512

この記事へのトラックバック一覧です: 恋人を同性の友人に紹介してはならない!:

« 清少納言の季節感 | トップページ | いい加減に自国自賛の番組は止めろ! »