« 姫路の土産について考える | トップページ | 清少納言の季節感 »

2016年7月26日 (火)

姫路市街地で、駐輪場社会実験始まる

姫路市では、市街地で、店舗前駐輪が、街の風景を汚すとして、批判の元になっていた。そこで、始まったのが、店舗前駐輪を完全に禁止し、その代わりに、歩道に駐輪施設(初めの90分は無料)を設定する社会実験を始める(2016年8月1日から2017年1月19日まで)。美観上、止むを得ない措置だと思う。多くの人の理解が必要だ。
 
御幸通りの、三井住友銀行前、ヤマトヤシキ前と二階町通り側、ボンマルシェ大手前店の前から駐輪を中止することになった。これらは以前から駐車禁止地域であったが、徹底しなかったので、改めて社会実験を始めるようだ。
 
ただ、これらの地域には、今回の歩道駐輪場だけでは不足なので、大手前通り地下駐輪場(初めの2時間は無料)があり、それの活用の推進も求められる。しかしながら、地下駐輪場の方は、9月から11月にかけて水漏れ工事をするようだ(その期間、閉鎖される)。
 
今のところは、路上駐輪場に、かなり空きがあるので、当面は大丈夫と思われるが、問題は、地下駐輪場が水漏れ工事をする9月から11月が、どのようになるか。
 
いずれにせよ、社会実験がされれば、御幸通り、二階町通りも、すっきりする感じ。通りや店のイメージも若干改善する。現在も、自転車駐輪禁止地域にが駐輪禁止であることが、市民に徹底すれば、いいことだ。
*2016年8月1日追記
社会実験が始まるはずだったが、今のところ、社会実験は実行されていない。以前のように、店の前に駐輪されており、汚い姿をさらしている。
 

|

« 姫路の土産について考える | トップページ | 清少納言の季節感 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63968045

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路市街地で、駐輪場社会実験始まる:

« 姫路の土産について考える | トップページ | 清少納言の季節感 »