« 気になる若い世代の保守化 | トップページ | やはり必要なのはリベラル系保守新党 »

2016年7月12日 (火)

一風変わったドラマ 『神の舌を持つ男』

先週から放送が始まった『神の舌を持つ男』(TBS)は、少し変わったドラマだ。特別の舌を持つ男が、難事件を解決していくのだ。何気なく、題に惹かれて視たのだが、ドラマの展開が従来のテレビドラマと明らかに違う。
 
それはなぜかと考えたが、どうも舞台風なのだ。舞台で演じれば、多分そうなるだろうなと思わせる手法。大げさなリアクション、大げさな表現、持って回った言い方、それらが組み合わさって、喜劇風サスペンスの感じだ。
 
強いて難点を挙げれば、劇場のように直に笑いが取れないことだろう。ただ、新しい試みは評価できる。もし、許されるなら、この脚本に基づき、素人が舞台で演じても面白いだろう。学祭などでやっても面白いかもしれない。
 

|

« 気になる若い世代の保守化 | トップページ | やはり必要なのはリベラル系保守新党 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63903764

この記事へのトラックバック一覧です: 一風変わったドラマ 『神の舌を持つ男』:

« 気になる若い世代の保守化 | トップページ | やはり必要なのはリベラル系保守新党 »