« 民進党の選挙戦略の問題点 | トップページ | 女性の飲酒について考える »

2016年7月13日 (水)

おおさか維新の党は変われるか

2016年の参議院選挙では、おおさか維新の党は、大阪、兵庫では議席を獲得したものの、全国レベルでは不振であった。要因はいろいろあるだろうが、地域政党と見られたことが大きな原因と考えられているようだ。そこで、党名を「日本維新の党」に変えるよう検討しているらしい。果たして、本当に中身も変われるだろうか。

この党は、「大阪都構想」の実現を目指した党の成り立ちからして、地域政党と見られている。それが全国展開しても、なかなか有権者の理解を得ることは難しい。そこで、党名から「おおさか」を外すことを考えたのだろう。

ただ、名前を変えても、中身が変わらなければ意味がない。離合集散を繰り返した過程を見ると、主張は、かなり右寄りと考えられている。ただ、自民党と憲法改正のスタンスも異なるようであり、行政改革のための憲法改正を目指しているようにも見える。しかしながら、その主張は、ころころ変わるので、本当のところは分からない。

国民政党に脱皮し、全国の支持者を得るには、いろいろ手を打つ必要があるだろう。現段階で言えることは、行政改革に重点を置き、後は規制緩和、構造改革といったような景気の好い時に必要な政策を掲げている。ただ、大阪レベルでの政策の考え方と全国レベルでの政策の考え方は必ずしも一致しない面を、どのように調整するのか。

また、現代表は、「あんちゃん(関西弁で、遊び人)」風に見え、金貸しの風貌を持ち、話し方も嫌みな感じだ。大阪以外では違和感を感じる人は多いだろう。よって、代表は、彼には悪いが、クリーンなイメージに変えた方が得策だろう。

いずれにせよ、党名を変えたぐらいで全国に支持層を増やすことは難しい。行政改革で実績を挙げて、党勢を拡大するつもりだろうが、行政改革は、生半可なやり方では、難しい。政党としての背骨をしっかりして、地域に寄り添い、地道な活動が求められる。

 

|

« 民進党の選挙戦略の問題点 | トップページ | 女性の飲酒について考える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63909648

この記事へのトラックバック一覧です: おおさか維新の党は変われるか:

« 民進党の選挙戦略の問題点 | トップページ | 女性の飲酒について考える »