« 一風変わったドラマ 『神の舌を持つ男』 | トップページ | 民進党の選挙戦略の問題点 »

2016年7月13日 (水)

やはり必要なのはリベラル系保守新党

2016年の参議院選挙では、与党の自公が、一応、大勝したと報道されている。果たして、そうだろうか。支持政党が明確な選挙民を除けば、多くは、どの党に投票するか迷った人たちだろう。それに、実際、今回の選挙では、必ずしも支持政党に投票されていない。有権者の迷いが感じ取れる。
 
地元兵庫県でも、選挙区では、投票するに相応しい候補者は見当たらなかった。いろいろ問題を抱えていた与党候補には、投票できない。さりとて、野党候補にも魅力的な候補はいない。与野党共に、組織選挙に頼り過ぎて、一般有権者には、何も伝わらない。
 
せいぜい、辻立ち演説で頑張っていたのは、おおさか維新の会の落下傘候補ぐらいだ。おおさか維新の会全体の主張は、その成り立ちから未だ定まらない感じがするが、有権者は彼の姿勢を評価した。
 
選挙運動の基本は、辻立ちだろう。そのことを忘れた政党が多すぎる。これが選挙をしらけさせるのだ。野党は、与党より、もっと努力しなければならないのに、与党と同じことをやっていては、勝てる勝負も勝てない。
 
そして、以前にも述べたが、感じるのは、やはりリベラル系保守新党の必要性であろう。関西では、結局、投票に迷った人々が、おおさか維新の会や公明党に票が流れた。この評価は別にして、新しい受け皿として新党が望まれる。
現在の自民党は、国家主義的反動右翼の傾向を強めており、欧米の海外のマスコミからも警戒をされている。今回、それに対する動きがなかったわけでもない。それが憲法学者の小林節氏が起こした「国民怒りの声」だ。
 
選挙公報から見る彼らの主張は、以下のようになっていた(文章は一部編集)。
 
一、メディアへの介入に反対し、自由な言論報道の回復を目指す
 
二、消費税の再増税に反対し、まず行財政の無駄をなくす
 
三、辺野古新基地建設に反対・中止し、アメリカと再交渉する
 
四、TPPへの参加を反対し、再交渉の上、日本の国益を守る
 
五、原発の再稼働に反対し、新エネルギーへの転換を促進する
 
六、戦争法と関連予算に反対し、子育て、教育、雇用、福祉の充実を図る
 
七、憲法改悪に反対し、人権・平和国家ブランド発信を続ける
 
これらの主張には多くの人の同意が得られるはずだった。彼は、その経歴からして、保守派の人だが、その発想は、中間層の標準的な日本人のものだ。但し、準備不足と学者の政治戦略の拙さから、今回の選挙では多くの支持をえられず、議席の獲得には至らなかった。
 
彼の主張を政治レベルに高めるには、やはりプロの政治家が必要だろう。彼は政党の代表顧問に就任すればいい。いずれにせよ、早く彼の考え方を広げられるリベラル系保守新党が望まれる。消極的自民支持層、無党派や中間層の一定の支持を得られるはずだ。
 

|

« 一風変わったドラマ 『神の舌を持つ男』 | トップページ | 民進党の選挙戦略の問題点 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63908628

この記事へのトラックバック一覧です: やはり必要なのはリベラル系保守新党:

« 一風変わったドラマ 『神の舌を持つ男』 | トップページ | 民進党の選挙戦略の問題点 »