« マット類の処分 | トップページ | 『立体妖怪図鑑』展(兵庫県立歴史博物館)を観覧 »

2016年8月18日 (木)

客家の考え方

以前、客家(ハッカ)について記していると思ったのだが、調べてみるとブログの記事にはしていなかったようなので、改めて記しておく。客家とは、漢民族の一部だ。現在、世界に7000万人程度いるとされる。これは華僑人口の三分一とも言われている。もともとは、2000年前くらいに、戦争や争乱等で中国北部から追われた難民・流民だ。

現在でも、そうだが、難民の生活は厳しい。難民として、彼らは中国北部から南部に逃れるが、彼らが住まいできる場所はない。従来から住んでいる住民からすれば迷惑な存在。そこで、地域の住民がいない山裾の地を新たに耕したりするが、それも更に山奥に追いやられる。

いわば、彼らは賤民扱いで差別され続けてきた。そこで、彼らは独特の生活様式を確立し、強く結束する。そこでは、自然とリーダーシップが養われ、各種の処世術が生まれる。そして、長男だけは跡を継いで残れるが、次男、三男は、出ていかなくてはならない。それは昔の日本の農家と同じだ。職業も、先住者が独占しており、在来の職業には就けない。

そこで、何をしたかというと、識字教育だ。当時は、中国人の多くは文字が読めなかったから、字を知っていれば、なんとか仕事にありつける。その典型が、役所や軍だ。字が読み書きできるだけで、上の地位を獲得できる。彼らの中から、科挙に受かり役人になって出世しているし、軍人も将校になっている。彼らが教育熱心なのは頷ける。

そのため、彼らの中から出色の人物が現れる。例えば、朱子、王陽明、孫文、洪秀全、鄧小平、葉剣英、朱徳、賀竜、寥承志、郭沫若、台湾の李登輝、陳水扁、シンガポールのリー・クアンユー、ゴー・チョクトン。経済人では、タイガーバームで有名な胡文虎、香港の李嘉誠、インドネシアの林紹良、タイの陳有漢、台湾の張永発、等が有名だ。

客家の基本的精神は、次の四つという。

 一、刻苦耐労の精神

 二、剛健弘毅の精神

 三、創業勤勉の精神

 四、団結奮闘の精神

これを、もう少し具体的に記すと、高木桂蔵氏によると、次のようになる。

 一、強い団結心

 二、新取・尚武の精神

 三、文化・伝統保持への自信

 四、教育の重視

 五、政治への高い指向性

 六、女性の勤勉性

彼らの考え方は、基本的に、国や権威は、何の頼りにもならないというところから来ている。国など全く信用しない。日本国民が国の言うことに従順なのが不思議でならない。彼らは、国などを信じることが愚かと考える。

そこから、彼らは目の前の現実を客観的に、しっかり捉え、見据え、的確な判断をし、手段を講じて、なんとか切り抜けることを常に考える。そして、落ち着き先で、血縁、郷縁、語縁等をグループで固め、その地の文化を吸収しつつ、ネットワークを構築する。

そのために、学校を作り、新聞を発行して、情報交換し、ネットワークを強化している。そのようにして、盤石な人間関係を作っていく。それによって作られた信用は大きい。結果的に相互に助け合っている。そのことから、彼らは、「東洋のユダヤ人」と言われることもある。国同士は対立していても、それぞれの国にいる客家人同士は、しっかりつながっている。

われわれ日本人も、彼らから学ぶことも必要だ。そして、いくつかは、すでに学んでいる。例えば、近江商人は、客家の考え方に非常に似ている。彼らが難民がルーツかどうかはわからないが、その発想は非常に似ている。その昔、近江商人は客家人と交流があったのかもしれない。あるいは、その関係の書物を得て、考え方を取り入れた可能性もある。

*参考

客家については、客家研究家の高木桂蔵氏の書籍が参考になる。

  『客家~中国の内なる異邦人』(講談社現代新書)

  『客家の鉄則』(ゴマブックス)

両著作とも蔵書にあったが、古いので今は発行しているかは不明。『客家の鉄則』は、客家の精神を、一、仲の鉄則、二、業の鉄則、三、血の鉄則、四、財の鉄則、五、生の鉄則に分けて、具体的事例に基づき解説してある。

これは客家人に限らず、中国人の考え方でもあると思う。残念ながら、日本の政治家、外交官、あるいは外交研究者・学者は、十分理解していないことが、日中関係をこじらせる要因と思う。この本をできれば一読してほしいものだ。

*追記

ただ、客家人は、同族で固まりすぎる欠点も持つ。よって場合によっては、ビジネスの広がりに限界があるとも指摘されている。しかしながら、概ね大きな賭けをしないので、手堅いとも言える。

*追記

現在の中国のトップは、残念ながら、客家人ではなく、派手な上海人だ。だから、大きな「アドバルーン」を打ち上げ、国際的トラブルが多いとも言える。行き過ぎた行動をすれば、いずれ、ひっくり返る可能性もある。その点、客家人は、なかなか、その本音は見せない面もあるが、その考え方はしなやかで、他者とうまくやっていく能力が高い。

|

« マット類の処分 | トップページ | 『立体妖怪図鑑』展(兵庫県立歴史博物館)を観覧 »

マスコミ評論及び各種書評」カテゴリの記事

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64075781

この記事へのトラックバック一覧です: 客家の考え方:

« マット類の処分 | トップページ | 『立体妖怪図鑑』展(兵庫県立歴史博物館)を観覧 »