« 嚢中の錐(のうちゅうのきり)とは | トップページ | 減塩食を作る その十六 減塩中華丼 »

2016年8月22日 (月)

台風・大雨対策

朝は、多少気温は下がっても、日中出かけると焼けるような暑さだ。お盆も過ぎたのに、この暑さ、多少、夏バテ気味。止む無く、昼寝を取り入れた。その点、現役でないので気楽だ。

でも、昨夜は、深夜になっても気温が下がらず、部屋によっては38度。信じられない暑さ。暑いのは好きだが、これは限界を超えている。クーラーがなければ眠れなかっただろう。朝起きても、気温を見ると、31度。結局、超熱帯夜であったことがわかる。

さて、天気予報を聞くと、台風が東日本に次々と押し寄せるという。関西は、直撃しないようだが、多少、影響をうけるかもしれない。以前から、台風・大雨対策をいろいろやっているが、基本的に排水がスムーズになるようにすることだ。

親が住んでいる時は、その点、無頓着だったようで、排水は十分でなかったように思う。あちこちに水たまりができていた。それを水の流れをチェックして、排水しやすいように各所を段階的に手入れした。今では、排水は非常にうまく行っている。後は定期的に排水溝のごみを取るだけだ。

自然災害に対しては、万全ということはないかもしれないが、個人レベルでも、できるだけの方策は講じたいものだ。

*追記

姫路市は、治水・土木に理解のある市長が続き、比較的自然災害防災対策は施されているように思う。そして、住民に対しても、様々な提案・指導がされていることはよいことだと思う。そういう意識づけしてくれたことには感謝したい。

*追記

関東圏、首都圏の台風9号による暴風雨が報道されているが、姫路でも、昼過ぎから、強い風雨が襲っている。ただ、断続的だ。しかし、しばらく気が許せない。

|

« 嚢中の錐(のうちゅうのきり)とは | トップページ | 減塩食を作る その十六 減塩中華丼 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64094205

この記事へのトラックバック一覧です: 台風・大雨対策:

« 嚢中の錐(のうちゅうのきり)とは | トップページ | 減塩食を作る その十六 減塩中華丼 »