« 『立体妖怪図鑑』展(兵庫県立歴史博物館)を観覧 | トップページ | 嚢中の錐(のうちゅうのきり)とは »

2016年8月20日 (土)

奇縁と、残りものに福あり

リオデジャネイロ・オリンピックも、そろそろ終わりを迎える。オリンピック報道は、例によってメダルを取った選手たち中心に繰り返しなされる。クーベルタンの言葉(*注)の意義は無視されがちだ。参加する以上、メダルを獲得しなければならないプレッシャーが選手にかかる。

そこから、いろんな悲喜こもごもに至っている。様々な笑顔と涙。これらの映像が、オリンピック憲章に反して、国威発揚の手段に使われるのは世の習い。各国がオリンピックに熱心なのは、そういうことだろう。そういうことはわかっていても、眠い目をこすりながら、リアルで試合をテレビ等で見ている。そういう魅力がオリンピックにあることは事実。

さて、今回のオリンピックで注目したことはいろいろあるが、私は、バドミントンの女子ダブルスで、「高・松」ペアに注目したい。高橋礼華、松友美佐紀両選手の優勝戦での息を飲む試合は面白かったが、それよりも、彼女らがペアを組んだ経緯だ。

彼女たちは、小学生の頃、奈良と徳島の地元クラブにそれぞれ属し、交流試合で決勝戦で対決することになる。その帰りの土産物店で、たまたま一緒になり仲良しになり、文通を始めたという。

その後、同じ高校の先輩、後輩になる。そして、その時の監督が仰っているのには、「たまたま残り者同士ペアにした」という。要するに、「たまたまのペア」なのだ。彼女らのそれまでの交流については、ご存じなかったようなのだ。

ところが、彼女たちは、そのことに配慮されたと思い、やりやすさを感じたようだ。その後、同じ道を歩み、ずっとペアを組んだ。性格的な相性もよかったようだ。これが、ツーと言えばカーという関係を生み、一心同体になって、今回のオリンピックの金メダル獲得につながった。

このように見ていくと、彼女らの奇縁と、残りものに福あり、を連想させる。人との出会いは奇跡だと、彼女らを見ていて思いを深くする。これは米国的な合理的スポーツ育成では、ありえないことだろう。

*注

彼は、「オリンピックは、勝つことではなく、参加することにこそ意義がある」と言ったとされる。正確には、彼の言葉では、なさそうだが、彼は、この言葉に同調したことは確かなようだ。

なお、彼の言葉としては、次のことが伝えられている。

「自己を知る、自己を律する、自己に打ち勝つ、これがアスリートの義務であり、最も大切なことである」と。

|

« 『立体妖怪図鑑』展(兵庫県立歴史博物館)を観覧 | トップページ | 嚢中の錐(のうちゅうのきり)とは »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64084445

この記事へのトラックバック一覧です: 奇縁と、残りものに福あり:

« 『立体妖怪図鑑』展(兵庫県立歴史博物館)を観覧 | トップページ | 嚢中の錐(のうちゅうのきり)とは »