« TPPは農業だけの問題ではない | トップページ | キンモクセイの花と剪定時期 »

2016年9月28日 (水)

プリンシプルとルールについて

今回は、ある本(*参考)に啓発されて、プリンシプルとルールについて、記しておこう。この英語、プリンシプルは、principleであり、ルールは、ruleだ。外国語の翻訳は難しいのだが、日本人は、案外、これらの違いを混同して、十分に理解していない。一応、備忘録として記しておく。

一、principle 日本語表記 プリンシプル

  意味:原理、原則

      基本的真実、理由の基礎

      基礎的資源、最初の立案

      基本的に変更しない

      「考え方の同じ人や組織の中に発生」(*参考より)

      「状況に左右されない」(*参考より)

      「自律的」(*参考より)

二、rule 日本語表記 ルール

  意味:規則、規定、基準、規律

      行動に移す時の取り決め

      ルールは変えるためにある

      「考え方の違う人・組織間の決め事」」(*参考より)

      「状況に合わせて変える」」(*参考より)

      「他律的」」(*参考より)

*参考文献

   青木高夫著 『なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか』

           (ディスカバー・トゥエンティワン刊)

|

« TPPは農業だけの問題ではない | トップページ | キンモクセイの花と剪定時期 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64268589

この記事へのトラックバック一覧です: プリンシプルとルールについて:

« TPPは農業だけの問題ではない | トップページ | キンモクセイの花と剪定時期 »