« 秋の薔薇とシェイクスピアの詩 | トップページ | もたつく米国FRB »

2016年9月23日 (金)

豊洲新市場のワイガヤに思う

連日、報道番組では、豊洲新市場問題について、ワイワイガヤガヤとやっている。その原因は、何かと問われれば、現象面の追及ばかりやっていることだろう。よって、この施設の根源的問題については、あまり議論されていない。

では、どうすればいいか。基本的に建築、設備については、東京都は、日建設計に丸投げしているはずだから、本来は日建設計に問い合わせすれば、時系列に事実はあきらかになるはずだ。

建前としては、東京都が設計したことになっていても、実際は下請けの日建設計が、ゼネコンとの調整も含めて、すべて仕切っているはずだ。日建設計は、日本を代表する大手設計事務所だ。現象面を、いくら、ああだこうだといっても何も解決しない。まず日建設計の見解を確認することが先だろう(*注)。

*注

定期異動する役人の話を聞いたところで、曖昧なことしか分からないだろう。その点、設計事務所は変わっていないのだから、すべて把握しているはずだ。

|

« 秋の薔薇とシェイクスピアの詩 | トップページ | もたつく米国FRB »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64244441

この記事へのトラックバック一覧です: 豊洲新市場のワイガヤに思う:

« 秋の薔薇とシェイクスピアの詩 | トップページ | もたつく米国FRB »