« 秋の花たち 2016年10月下旬 | トップページ | 第68回姫路お城まつりキャッチフレーズ募集 2016 »

2016年10月27日 (木)

断層を認識していなかった鳥取地震2016

今回の鳥取地震は、データ上の活断層がなく、断層は認識されていなかったという。以前の記事で記したように、日本は、断層の上に断層が重なっており、全ての活断層が認識されているわけでもない。

日本での原子力発電には、やはり強い危険が伴うと言える。日本は、原子力発電をするにはリスクの大きい環境であることは間違いない。改めて、コスト的にも合わない原子力発電は、早期に全て廃炉にして、他のエネルギー手段に切り替えることが望まれる。

今後も、活断層の認識されていない地域で、大きな地震がある可能性は高い。活断層がないからといって安心は決してできない。震災に備えるとともに、災害後の、自助、共助、公助のあり方を再確認したいものだ。

と同時に、小泉元首相も主張しているように、原発をいかに廃止していくかが問われている。それには最早、残された時間はない。原発立地地域の方々も、考え方を改めてもらわねばならない。そうしないと、危機に陥った時、国民の支援は得られないだろう。

|

« 秋の花たち 2016年10月下旬 | トップページ | 第68回姫路お城まつりキャッチフレーズ募集 2016 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64404732

この記事へのトラックバック一覧です: 断層を認識していなかった鳥取地震2016:

« 秋の花たち 2016年10月下旬 | トップページ | 第68回姫路お城まつりキャッチフレーズ募集 2016 »