« 大きな地震の揺れ 2016年10月 | トップページ | 草引き相撲と良寛 »

2016年10月22日 (土)

行動パターンの戒め~『韓非子』より

私たちは、何をベースに行動すべきなのか。行動パターンを戒めた話として、『韓非子』に次のような話がある。ある人が、靴を買いに行こうとしていた。そこで、まず自分の足の寸法を測り、それを座るところに置いていた。ところが、いざ買い物に行く時、そのメモ書きを忘れた。

売り場で、靴を手にして、メモ書きを忘れたことを思い出す。それで、家に引き返して、メモを持って再度、店に行くと、店は、もう閉まっていた。どこかおかしくないか。

店で、自分の足に合うものを買えばいいのに、メモ書きを取りに帰ってしまったというおかしな行動。彼に、それを指摘すると、「寸法書きは信用できるが、自分の足は信用できない」と言ったとさ。

他人の靴を頼まれて買いに行くのなら、ともかく、自分の靴を買うのに、寸法書きに頼ろうとするおかしさ。しかしながら、人は、案外、同じような過ちを犯している。自分自身が持っているやり方や考え方にこだわり、臨機応変に対応できないことを戒めている。

|

« 大きな地震の揺れ 2016年10月 | トップページ | 草引き相撲と良寛 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64382046

この記事へのトラックバック一覧です: 行動パターンの戒め~『韓非子』より:

« 大きな地震の揺れ 2016年10月 | トップページ | 草引き相撲と良寛 »