« 暴風雨によって家の修理を迫られる | トップページ | 山椒の木とアゲハの幼虫 »

2016年10月 1日 (土)

従業員の社会生活習慣

生活習慣と言うと「生活習慣病」として健康管理の面が強調されるが、社会生活の習慣も大切である。最近、異なる大手自動車会社の若手社員が事件を起こしているが、その原因は何であろうか。

確かに給与は世間よりいいかもしれないが、仕事の満足感は得られなかったのかもしれない。金遣いに関しては、多くは学生時代の悪い癖が治らなかったと見るべきかもしれないが、企業も従業員教育において、正しい社会生活の習慣をなさしめるように持っていくことは大切であろう。

また、これらの大手企業では仕事は教えたかもしれないが、仕事の意味を教えていなかったのかもしれない。それは生き方への考え方であったり、社会常識や金銭感覚の養成であったりするかもしれない(*注)。

多くの企業も、他山の石として、従業員の社会生活習慣を再度チェックしてほしいものだ。

*注

本人の成長の確認には、「日報」を書かせるのも一つの手段であろう。そこで、上司とのコミュニケーションが図れれば、徐々に意欲が増していくというものであろう。

ついでに記すと、日報は、「作業日報」だけでは駄目である。日報を書くことで仕事の点では自ら課題を作ると同時に、従業員の日頃の思いや将来の希望なども記す欄は必要。

|

« 暴風雨によって家の修理を迫られる | トップページ | 山椒の木とアゲハの幼虫 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64282480

この記事へのトラックバック一覧です: 従業員の社会生活習慣:

« 暴風雨によって家の修理を迫られる | トップページ | 山椒の木とアゲハの幼虫 »