« 若い人の提言意欲を活かすためには~池田光政 | トップページ | 隣の芝生は~狂言『宗八』より »

2016年11月29日 (火)

厳しい年金抑制法案

政府、与党が、年金抑制法案(野党は「年金削減法案」だと批判している)を通そうとしているが、国民年金だけで生活している高齢者は、大変なことだと思う。その人数は、年金受給者の約25%を占めているということだから、この法案が通れは、これらの多くの人が生活保護を受けるように動くかもしれない。

これでは、何をやっているのか分からない。少子化で人口の歪みから、年金財政は厳しいことは理解できても、もっとやり方はないのかと思わざるを得ない。それでなくても、年金の株式運用を増やすことで、通年で、多額の損失を出しているし、今後も、その損失額は更に拡大されていると予測している。

国のミスを弱者に被せるのはどうかしている。消費税が当面、上げられないので、年金を全体額を抑制するにしても、もう少し、低年金受給者に配慮した政策は取れないものか。それに国の予算の中には、各種補助金等無駄なものも多い。

これらの資金を年金に回すことも可能ではないか。これらは厚労省だけでは判断できないものの、国は財務省も含めて、机上の数字遊びをしていて、末端の庶民の生活が見えていないのかもしれない。また、それを鵜呑みする政府・与党も情けないと感じる。

|

« 若い人の提言意欲を活かすためには~池田光政 | トップページ | 隣の芝生は~狂言『宗八』より »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64558219

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい年金抑制法案:

« 若い人の提言意欲を活かすためには~池田光政 | トップページ | 隣の芝生は~狂言『宗八』より »