« 姫路市は女子バレー王国になれるか | トップページ | 間もなく始まる姫路城「ナイトアドベンチャー」2016 »

2016年12月 1日 (木)

事業は才覚と誠

最近は、新しい事業を起こすのに、才覚があれば、という感じの人がいるが、それだけでは失敗することが多い。すなわち、周囲の人から、「この人の言うことは誠実で正しい。何とか助けて成功させてやりたい」と思わせる日頃の言動、行動の積み重ねが問われる。肥後の長岡監物の言葉として次のものがある。

夫れ天下誠にあらざれば、誠動かず。

才にあらざれば、治まらず。

誠の至る者、その動くは速い。

才の周(あま)ねき者、その治は広し。

才と誠、合し、然る後、事成すべし。

解釈は不要であろう。自分の才覚に溺れず、謙虚になり、周囲の助けが得られるように考え、行動しなければ、成功はあり得ない。

|

« 姫路市は女子バレー王国になれるか | トップページ | 間もなく始まる姫路城「ナイトアドベンチャー」2016 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64566692

この記事へのトラックバック一覧です: 事業は才覚と誠:

« 姫路市は女子バレー王国になれるか | トップページ | 間もなく始まる姫路城「ナイトアドベンチャー」2016 »