« 昨日は、牡蠣ご飯 | トップページ | 姫路市のマスコット「しろまるひめ」再認識 »

2017年1月26日 (木)

壮年、老年の天分

若い人たちで、解決できないことがある。その時、ベテランが乗り出して、解決する場合も多い。伊庭貞則は次のように言っている。

「壮年、老年、おのおの与えられた天分がある。若い者が出ては事が荒だち、老人が顔を出すと何一つ難しい理屈を言わずとも、丸く収まることがあるから妙じゃ」と。

もちろん、いつもいつも、壮年や老年が乗り出して解決することはないかもしれない。伊庭が言っているのは一般論で、最近は、壮年、老年が乗り出すと、かえって、こじれることもある(笑)。

よって、相談するのは、それなりに認められた壮年、老年でなくてはならない。若い人たちは、壮年、老年が、それなりに経験を重ねており、彼らに相談して、知恵を借りるのも悪くない。

|

« 昨日は、牡蠣ご飯 | トップページ | 姫路市のマスコット「しろまるひめ」再認識 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64812059

この記事へのトラックバック一覧です: 壮年、老年の天分:

« 昨日は、牡蠣ご飯 | トップページ | 姫路市のマスコット「しろまるひめ」再認識 »