« 平成29年の干支 丁酉(ひのととり)に関して | トップページ | ハーバード・カッソンの相場格言 »

2017年1月 6日 (金)

厄介な親友~『ジーヴズの事件簿~大胆不敵の巻』

前に、P・G・ウッドハウス著『ジーヴズの事件簿~才知縦横の巻』を取り上げたが、正月に、引き続いて、『ジーヴズの事件簿~大胆不敵の巻』を読んだ。前作同様、それほど、期待はしていなかったのだが、学べることはある。

執事ジーヴズが仕えるバーディーの親友であるビンゴが騒動を引き起こす。主人のバーディーは、腐れ縁のビンゴから相談されると、ほっとけない性格。だが、自ら解決しようとしても、余計にややこしくなり、結局は次々とジーヴズが処理していく物語。

今回も、執事ジーヴズのモットーは、「機略と手際」で、時には主人をダシに使い、自分のやりたいことの方に巧妙に導いていく。主人の意見に反対しながらも柔軟に対応し、最終的には、自分の思い通りに落としどころを見つけて巧みに処理していく。

これは官僚や秘書が政治家に仕える場合の手法でもある。だが、若い人も、人に仕える時のマニュアルになりうる。仮に、あなたの上司がバカ上司であっても(笑)、考え方次第で、うまく使えば、自分の思い通りの形にできる。是非、この本を読んで、その方法を読み解いて参考にして欲しいものだ(笑)。

|

« 平成29年の干支 丁酉(ひのととり)に関して | トップページ | ハーバード・カッソンの相場格言 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64726536

この記事へのトラックバック一覧です: 厄介な親友~『ジーヴズの事件簿~大胆不敵の巻』:

« 平成29年の干支 丁酉(ひのととり)に関して | トップページ | ハーバード・カッソンの相場格言 »