« 「2017・三軌展」観覧 | トップページ | 豆の季節? »

2017年1月20日 (金)

過労死問題を考える

最近、過労死問題が取り上げられることが多い。但し、昔から、サービス残業を含めて、「過労気味」に仕事をしていた。当然、現在のような過労死もあったかもしれないが、大きな問題にはならなかった。時代を感じさせる。

現役時代の頃を思い出すと、明らかに過労状態だった。当時は深夜残業して帰宅すると、近くにはコンビニもなく、食事にも苦労した。そうかといって、早めに切り上げて、自宅で仕事をしていると、「あいつは早く帰る」といろいろ言われる。

家で仕事をして、できるだけ早く出勤して、次の仕事の態勢を整えるのだから、睡眠時間も十分に取れなかった。でも、当時は、皆、それが当たり前でなかったか。そんなことを言うと、父は、「お前は仕事の設計が悪い」と、度々言われた。

だが、父のやっていた仕事とは職種も異なる。同列には扱えないはずだ。父のような定時退社は、できるはずもなかった。現在、国で議論されている過労死問題は簡単ではない。

それでも、過労死問題を経営課題として考えることは経営者にとって、無駄ではないかもしれない。例えば、過労死には、業界体質・業態体質、経営体質、企業の仕事の仕組み、他社との競合、キャパシティを超えた受注(営業は仕事を取りたい)、個人の能力と仕事量のアンバランス、職種の不適合、組織設計、組織の風通し等の社風、人事評価システム、等が考えられる。

自社の他の経営課題と照らし合わせて、社員の働き方改革をして、更に一段上を目指すのも悪くないと思う。

|

« 「2017・三軌展」観覧 | トップページ | 豆の季節? »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64785553

この記事へのトラックバック一覧です: 過労死問題を考える:

« 「2017・三軌展」観覧 | トップページ | 豆の季節? »