« 贈り物には警戒 | トップページ | 映画『フラッシュダンス』を観る »

2017年2月11日 (土)

朝方の冬の月

今朝、朝早く目覚めると、妙に部屋が明るい。ああ、雪が積もったのだな、と窓を開けると、雪は降っていないし、積もってもいない。だが、西の空に、丸い月が煌々と光っていた。思わず頭を垂れたくなるように神々しい。

この光で、世間を騒がせている稲田防衛大臣の詭弁を糺してほしいものだ。自衛隊員に危険な任務を担わせておきながら、無責任な発言には、本当にむかつく。こんな政治家のために、働かなければならない自衛隊が、あまりにも可哀想だ。

*2017年2月14日追記

稲田防衛相は、辞任せざるを得ない。防衛省トップとして、組織を把握していないことは明らかだ。シビリアンコントロールを機能しなくしてしまった安倍政権にも責任がある。このような防衛省であれば、米国も不安に感じるだろう。適切な交代が望まれる。ぐずぐずすれば政権にも影響を与える。

|

« 贈り物には警戒 | トップページ | 映画『フラッシュダンス』を観る »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64878022

この記事へのトラックバック一覧です: 朝方の冬の月:

« 贈り物には警戒 | トップページ | 映画『フラッシュダンス』を観る »