« 任せるということ | トップページ | 宅配の行方 »

2017年3月18日 (土)

沈丁花咲き始める 2017

咲くのが遅い我が家の梅も、やっと満開だ。品の良い微かな香りを漂わせている。他方、新聞報道では、もう各地に沈丁花が咲いたとのこと。我が家にも、一本だけ植えているが、やっと咲き始めた。今のところ、三分咲き。よって芳香は未だ感じ取れず。

沈丁花の花は満開になると、一面に香りが漂う。一本の沈丁花であっても、結構、匂いは拡散する。この花が咲くと、近くに女性がいる風情(笑)。街を歩いていると、時々、濃厚な香水を漂わせた女性と遭遇するが、それとは異なる好い香りだ。

この沈丁花も育てるのに失敗したことがある。園芸屋に尋ねると不思議そうな顔をされたのが記憶にある。割と育てやすいのだ。後で分かったことだが、失敗したのは移植したことがまずかったようだ。木々によっては、移植することで勢いをます樹種もあるが、沈丁花は、一旦植えたら、移植しない方がいい。

そういうことで、現在は今の場所に落ち着いている。手入れとしては、花後の処理と、その時に肥料を適切にまく。それで、後は何もしていないが、その後、木の成長は遅いが、毎年、花を咲かせている。今年も、満開まで、もう少し。その芳香が楽しみだ。

|

« 任せるということ | トップページ | 宅配の行方 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65029623

この記事へのトラックバック一覧です: 沈丁花咲き始める 2017:

« 任せるということ | トップページ | 宅配の行方 »