« 新じゃがの季節 2017 | トップページ | クリスマスローズ咲く 2017 »

2017年3月 5日 (日)

首長の責務

豊洲への市場移転問題で、石原慎太郎元都知事が会見に応じて発言していたが、無責任すぎるのは誰の目にも明らかだろう。大きい組織だから、下部組織に権限委譲していることは分かるが、全ての責任は首長が負うものだ。それを彼は全く理解していない。

今回の会見で、彼は自ら政治家としてのレベルの低さを披露してしまった。彼は、所詮、文筆家で評論家の域を出ないことが明確になった。政治家としての資質は、全くなかったと言ってよい。政治哲学も何も持ち合わせていない。東京都民にとって災難であったと言えるだろう。

ただ彼に限らず、何代も、東京都知事は、まともな仕事をしていない。ある意味、お飾りだったことも事実。それにもかかわらず、高い報酬を得ていた矛盾。知事は、官僚たちのロボットであったとも言える。

以前にも記したが、そこには何のチェックもされないので、官僚のしたい放題。知事は判をついてくれればいいという感覚。問題が出れば、彼の責任にすればいいという超無責任体制で、都政が行われていた。

それをいいことに、都知事は実質、仕事をしていなかった。いい加減、都民も目を覚ますべきだろう。行政任せにせず、声を上げて、あるべき方向に持っていくべきだろう。

*追記

だが、東京都は、いろんな意味で扱うには大きすぎる。そこが問題なのだが。東京に集中し過ぎた弊害が地方にも及んでいる。東京都の解体・縮小政策が国家として求められる。

*追記

一部に、石原慎太郎氏を擁護する発言もある。民主主義の手続きを踏まえて行政を行ったのだから、そのプロセスに誤りはないというもの。しかし、政治は結果責任。官僚が描いたものであっても、トップは責任を取る必要がある。その議論をごちゃまぜにしてはならない。

|

« 新じゃがの季節 2017 | トップページ | クリスマスローズ咲く 2017 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64972881

この記事へのトラックバック一覧です: 首長の責務:

« 新じゃがの季節 2017 | トップページ | クリスマスローズ咲く 2017 »