« いかなごの新仔漁、まもなく解禁 2017 | トップページ | 株式投資から完全撤退 2017 »

2017年3月 6日 (月)

首相夫人は公人

今回の国有地払い下げに伴う、超右翼団体(日本会議)と安倍政権の関わり方は、海外のマスコミも成り行きを注目している(*注)。その中で、首相夫人は、公人か私人かという議論が国会であったが、何を今更と言う感じ。安倍首相は、夫人をかばうためか、私人だと言っているが、そんなことは通用しないと彼も、分かっているはず。

かつて拙ブログでも「権力者の妻」と題して記事を記したが、首相夫人は、明らかに権力者の妻。法的にどうのこうのの問題ではなく、明らかに公人だ。権力者は、妻に対して、きちんと公的立場の心がけを言い含める必要がある。

彼は、むしろ、権力者の妻としての教育ができていなかったことを恥ずべきだろう。確かに御しがたいタイプのようだが、妻をコントロールできなくて、国家を運営はできないだろう。首相夫人は、公人として、発言や行動は慎重であるべきで、彼女は、何かを勘違いしている。

そうでなくても、長期政権になっており、首相は自覚がなくても、権力は腐敗する。官僚も含め、取り巻きは、首相夫妻の威光を利用するだろうし、官僚は出世のためには、いろいろ忖度する。首相夫妻は、今後いかに身を処するかが問われている。

*注

日本会議は、自民党にとって集票マシーンになっており、自民党は各種便宜を諮っているのは間違いない。また大阪維新の会も同様に、日本会議に選挙応援されており、いろいろ便宜供与をしたようだ。新しい「汚職」の形と言えるだろう。

*2017年3月9日追記

その後も、安倍昭恵夫人は、相変わらず、各種団体の名誉会長を引き受けており、この人の感性を疑う。首相夫人としての危機感は全く感じられない。

*2017年3月14日追記

政府は閣議で、首相夫人は公人でなく私人であるとの見解を示したようだが、これは世界では通用しない。

*2017年3月19日追記

森友問題で、公明党が沈黙している。国土交通大臣を出していることから、疑いの目を向けられるのを避けているのかもしれない。また噂では、森友学園に銀行融資を斡旋した公明党関係者の名も挙がっている。最早、維新の党も含めて与党がぐじゃぐじゃだ。

|

« いかなごの新仔漁、まもなく解禁 2017 | トップページ | 株式投資から完全撤退 2017 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/64979439

この記事へのトラックバック一覧です: 首相夫人は公人:

« いかなごの新仔漁、まもなく解禁 2017 | トップページ | 株式投資から完全撤退 2017 »