« 最近の姫路城関連ニュース 2017年 第一期 | トップページ | 失敗は成功の素~『菜根譚』より »

2017年3月12日 (日)

『和漢朗詠集』の梅の花

庭では、梅の花が、少しずつ開花している。どういう塩梅で咲くのかは分からない。多分、微妙なものが影響しているのだろう。

さて、先日、『万葉集』の梅の歌を取り上げたが、今回は、『和漢朗詠集』の梅を取り上げてみよう。その名の通り、中国の詩文の影響を強く受けている。

まず、一番最初に取り上げられたもので、「立春」と題して、次のものがある。歌の内容は立春に、作者の希望を詠ったものだ。よって、梅は、まだ咲いていない。

 吹(かぜ)を遂(お)うて潜(ひそ)かに開く

 芳菲(ほうひ)の候を待たず

 春を迎えて乍(たちま)ちに変ず

 将に雨露の恩を希(ねが)はんとす

春を感じ取るのが早い梅の花を詠んでいる。暦と一致しようとする梅の花を称賛しているとも捉えられる。

次に、梅の花の咲き方を詠んだものを取り上げよう。

 東岸西岸の柳

 遅速同じからず

 南枝北枝の梅

 開落已(すで)に異なり

柳の芽吹きが東岸と西岸で異なるように、梅の花も、同じ木であっても南枝と北枝とでは、咲く時期が異なると詠んでいる。これは、まさに、私が今感じていること。時代は変わっても、人の感じることは、大して変わらない。

|

« 最近の姫路城関連ニュース 2017年 第一期 | トップページ | 失敗は成功の素~『菜根譚』より »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65003973

この記事へのトラックバック一覧です: 『和漢朗詠集』の梅の花:

« 最近の姫路城関連ニュース 2017年 第一期 | トップページ | 失敗は成功の素~『菜根譚』より »