« 鶯の初鳴き 2017 | トップページ | 政治家と支持者の関係 »

2017年3月25日 (土)

結果から現象の把握

まさか人口が減少気味の地方都市の姫路市で、保育園問題が起こるとは思わなかった。私立認定こども園が、不正をしていたのだ。定員外で22人を不正に受け入れ、食事は正規人数の分しか手配していなかったという。結果的に、一人当たりの食事は非常に少なく、成長盛りの子供たちに十分な食事が与えられていなかったという。

その他にも不正があり、認定は取り消されるようだが、困ったことだ。元々、この認定こども園は、認可外保育施設として12年間運営。家族的運営は、それなりに評価を得ていたようだが、規模を大きくするため、公的補助を受けられるよう偽装をしたという。報道によると、園長一人で仕切っており、運営自体に無理があったように思う。

今回は定期監査に加えて、抜き打ち監査で問題が発覚したようだがも飾磨地区は比較的人口が増えているらしく、行政としても、より注意が必要であったかもしれない。国全体でも、そうだが、人口増加地域は問題を起こしやすいのも確かだろう。

ところで、昔の話に次のようなものもある。韓の宣王は、彼の馬が、たくさんの豆や穀物を与えているのに、ひどく痩せていることに疑問を持ち、臣下に尋ねると、彼は次のように答えた。「馬飼いの役人が、きちんと穀物を与えていれば、馬が肥えないということはありえません。すなわち、表向き、たくさん与えたことになっても、少ししか与えなければ、痩せないように願ってもあり得ません。殿は、実情も調べず、放置していれば、何も改善しません」と(*注)。

多分、馬飼いの役人が、穀物等を横流ししていたと推定できる。子供を預けていた親たちも、子供の体重が一向に増えないことに対して疑問を持っていた人もいるようだが、もっと早く気づくべきであったかもしれない。また行政側は、性善説で対応していたというが、「信用して信用せず」の姿勢は必要だろう。人間というものは、悪意はなくても、ちょっとしたきっかけで過ちを犯すものだから。

*注

出典 『韓非子』外儲説

|

« 鶯の初鳴き 2017 | トップページ | 政治家と支持者の関係 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65063596

この記事へのトラックバック一覧です: 結果から現象の把握:

« 鶯の初鳴き 2017 | トップページ | 政治家と支持者の関係 »