« 兵庫県立美術館が新しい試みをすると言うが、、 | トップページ | 『ハムレット』再読 »

2017年4月 1日 (土)

最近の姫路城関連ニュース 2017年 第二期

最近の姫路城関連ニュースとして、2017年の第二期(4月から6月まで)の記事を以下に示します。情報は、随時追加していきます。

●姫路市は、姫路城を訪れた外国人観光客に適切な避難誘導を行うため、多言語対応の拡声器2台を導入した。導入した拡声器は、日本語、英語、中国語、韓国語に対応。災害時に、外国人の被害防止や不安対応に役立てる。

●姫路市埋蔵文化財センターは、姫路市古二階町の姫路城下町跡で、江戸時代に使われたとみられる道路(幅約5.2メートル)と、鎌倉から室町時代の水路とみられる溝(深さ50センチメートル)の跡を発見した。

●書籍『姫路城下古道界隈』が発売された。監修は播磨学研究所 所長 中元孝迪氏。城下古道を南エリア、東南エリア、東エリアに分け、各所を紹介している。街歩きの参考になる。ジュンク堂などで販売されている。税込み300円。

●6月21日の午後8時より午後10時まで、姫路城は、ライトダウンする。

●6月17日より、好古園にて、「夏の剪画展」が開かれる。潮音斎・活水軒ロビーにて。7月6日まで。

●5月26日より、好古園にて、「サツキ展」がある。サツキの盆栽の席飾り約20席が展示される。5月28日まで。

●4月22日、姫路城内にある千姫ぼたん園で、「第25回千姫ぼたん祭り」が開かれた。約700本のぼたんが植えられているが、今のところ三分咲き。よって、まだ、しばらく、楽しめる。

●第68回姫路お城まつりの概要

一、期間 平成29年5月12日から14日まで。

二、場所 大手前通り、大手前公園、姫路城三の丸広場、家老屋敷跡公園など

三、キャッチフレーズ 「舞えよ白鷺、千姫とともに」

四、今回の特徴

  1 時代パレードの充実(13日)

  2  第50代となる姫路お城の女王(13日)

  3  家族、子供も楽しめるイベント充実(14日)

  4  「姫路観光大使」の丘みどりさんの出演(13日)

  5  姫路城西心柱ゆかりの中津川市、市川町(13日)

  6  根来鉄砲隊の初出演(13日)

  7  姫路城薪能に親子教室から出演(12日)

●4月15日に、ABC放送で、「姫路城VSノイシュバンシュタイン城の日独職人交流視察が放映された。日本の姫路城とドイツのノイシュバンシュタイン城は、共に白いお城として提携関係にある。

●赤穂市にも、姫路城効果?赤穂市によると、赤穂に宿泊した外国人が、姫路城がグランドオープンしてから増えているらしい。2014年度の外国人宿泊数が約500人だったのに対して、2015年度は約1700人に増え、2016年度も大幅に増加する見通しと言う。姫路城効果で播磨全体が盛り上がるのは望ましい傾向だ。

●姫路城がコスプレの聖地に(神戸新聞4月6日付け夕刊より)。「本格的な写真が撮れる」とか「キャラの世界に入り込める」とか評判がいいそうだ。記事では、コスプレの衣装専門店(ウィッグや小物など)「エヌ・アイ・アイ」(兵庫県太子町)とか、精緻なプラスチック製武器製作の「匠工芸」を紹介している。

●姫路市は、4月5日、姫路城の2016年度の入城者が、211万2189人と発表した(ちなみに、グランドオープンした2015年度は、約286万人だった)。2016年度は反動減の約190万人を見込んだが、外国人観光客の増加で、それを上回った。外国人観光客が、約6万人増え、過去最多の約36万5千人を記録。入城者の約2割を占めた格好。英語圏とフランス語圏が増え、アジアでは中国が増加。

●好古園では、5月14日、潮音斎で、10時から16時まで、「煎茶会」を開く。一席500円。

●好古園では、5月1日から5月10日まで、潮音斎、活水軒ロビーで、「ミニ着物展」を開催する。

●好古園では、4月29日に、先着500名に園内で育てた山野草をプレゼントをする。

●好古園では、4月16日に、「開園25周年記念茶会」を園内の潮音斎で開く。13時から16時まで。一席500円。

●好古園では、4月7日から9日まで、桜をライトアップする夜桜会を開く。こちらは入園料が必要。

●例年の「姫路城観桜会」は4月8日午前10時から三の丸広場で開催。雨天順延。なお、入園無料の夜桜会は、4月3日から9日までの午後6時から9時の西の丸庭園にて。

●4月2日に姫路城が桜の開花宣言。大手門西側にある基準木のソメイヨシノに数輪咲いたことから。過去十年では、三番目に遅い開花。

●姫路市と熊本市は、姫路城と熊本城の歴史や構造を分かりやすく紹介する「熊本城・姫路城子ども向けパンフレット」を3万部制作した。内1万部は、海外の観光客から要望が強かったため英語版とした。市内で無料配布される。

●4月2日は、「ライト イット アップ ブルー 姫路」の催しで姫路城は青くライトアップされる。意図は、当日が国連が定めた「世界自閉症啓発デー」だからという。市内各所(駅前、中央地下通路等)で青色の催しがある。「当日は、青い服やブルーに関する物を身につけて、お集まりください」としている。

●フジテレビ系列の国民的アニメ番組「サザエさん」で、4月から9月まで、オープニングの主題歌に合せて、兵庫県内の名所が登場する。4月から6月までの春編と、7月から9月までの夏編の2種類。これに姫路城が登場する。姫路市関係では、その他に、書写山円教寺も登場。

|

« 兵庫県立美術館が新しい試みをすると言うが、、 | トップページ | 『ハムレット』再読 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65092595

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の姫路城関連ニュース 2017年 第二期:

« 兵庫県立美術館が新しい試みをすると言うが、、 | トップページ | 『ハムレット』再読 »