« 銀行カードーロンーが社会問題化 | トップページ | 遠水は近火を救わず、ということ »

2017年4月17日 (月)

山椒の木たち  2017 春

いろんな花も、そろそろ終わろうとしているが、フリージア、アヤメ、ハナズホウ、ハナカイドウ、カリンは、まだ満開だ。その他では、確か昨年、鉢植えのスミレとパンジーのセットになったものを買って、しばらく楽しんでいたが、枯れたので、他の抜いた雑草と一緒にして放置していた。

そして、冬を越えたのだが、どういうわけか、あちこちにスミレだけ咲き誇っている。スミレというのは繁殖力が強いのだと改めて実感。宝塚にも歌われるスミレだが、彼女らにも、そういうことを託したのであろうか(笑)。

さて、山椒の木を3本並べて植えていたのだが、どうもあまり元気がないので、昨秋植え替えたところ、1本は、最も遅く買ったものなのに、元気にぐんぐん成長。今は、小さい花も咲かせている。ちなみに、この木は、昨秋、アゲハの幼虫に葉が食い荒らされ、丸裸にされたもの。

他の2本の内、1本は、塀際に植えたところ、まずまず元気。だが、元のところに植え残した残りの1本は、あまりよくない。今秋に、別のところに植え替えようと思う。いつもながら思うことは、木々は環境によって成長が異なる。これは人材も同様だと、今更ながら気づく。

*追記

ちなみに、寺田寅彦は、著書の『柿の種』で、上記のことを、彼が違う環境で育てた向日葵の例で植物の運不運としている。結果が明らかに異なり、同じ種だとは思えないとしている。そして、人間については、次のような感想を述べている。

「それにしても、人間には、はたしてこれほどまでにひどくちがった環境に、それぞれ適応して生存を保ちうる能力があるかどうか疑わしい」と。

|

« 銀行カードーロンーが社会問題化 | トップページ | 遠水は近火を救わず、ということ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65162241

この記事へのトラックバック一覧です: 山椒の木たち  2017 春:

« 銀行カードーロンーが社会問題化 | トップページ | 遠水は近火を救わず、ということ »