« 現実的になってきた「ABEXIT」 | トップページ | 法律は独り歩きする »

2017年4月 5日 (水)

もうすぐ花盛りかな

姫路城は例年より遅く桜の開花宣言をしたようだが、満開までには、いま少し時間がかかりそうだ。そして、我が家の庭も、少しずつ、そういう雰囲気になりつある。さすがに、梅の花は散ってしまったが、今は沈丁花とユキヤナギが満開。

そしてラッパ水仙も咲き始めた。またツバキの岩根絞りが初めて開花。白と赤の混じったものだが、割といい。更に少し前から、侘助も順次咲いている。こちらは茶花と言われるだけあって品がいい。

そして、源平桃の花が数輪だけ咲いている。木の全体の雰囲気も年を追うごとにいい。満開になれば、少し見ごたえがあるかも。花桃は心配したけれど、これも一、二輪開花。問題はないようだ。ただ、前年に少し刈り込み過ぎたかも。

また、もう少しで、開花しそうな木瓜(ボケ)。三か所に植えているが、手入れは、それほどせず、放置状態だが、年々枝を繁茂させて、蕾がいっぱい。満開になる楽しみがある。カリン、ハナカイドウ、ハナズホウも、もう少しすれば開花しそうな雰囲気。

楽しめるのは一時期だが、これがあるから、ガーデニングは止められない。かつて父に勧められて、いやいや始めたガーデニング。でも、今では父以上に取り組んでいるかも。それでも、地植え中心のいい加減ガーデニングなのだが、春は楽しくさせてくれる。

|

« 現実的になってきた「ABEXIT」 | トップページ | 法律は独り歩きする »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65109995

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ花盛りかな:

« 現実的になってきた「ABEXIT」 | トップページ | 法律は独り歩きする »