« 今年は多い出現のジャコウアゲハ | トップページ | 老兵は死なず、と言うと »

2017年5月19日 (金)

久しぶりに、お節介を受ける

若い頃は、スーパーに行くと、よく、お節介を受けた。食品売り場で、少し立ち止まると、必ず(笑)。特に大阪時代は多かった。どちらかというと、住居費の安い下町に住んだことも影響しているのだろう。

売り場にいると、ほんの一瞬立ち止まったのを見逃さず、お節介してくる。あの商品は、値段の割に美味しくないとか、魚の見分け方、野菜の見分け方、調理の仕方等、本当にいろいろ。話しかけてきたのは、ほとんど、おばちゃん。年齢的には、中年から、お婆さんまでいろいろ。

そのことを知人に話すと、「お前には、それだけ隙があるか、話しかけやすいか、どっちかやろな」と言われた。そういうと、若い頃、高齢者に、よく道を尋ねられた記憶がある。ちょっと安心感があるのかな。

それはともかく、長い間、お節介は受けていなかった。ところが、最近、スーパーの売り場で、果物を物色して買い物していると、中高年のおばさまより、「そっちよりこっちの方が美味しい。こちらにしい」と言われて、まさにかごに入れていたものを戻して、入れ直した次第。

よくわからないので、どちらでもよかったのだが、有無を言わせぬ言い方。逆らえなかった(笑)。売り場で、お節介している女性は、時々見かけるが、直接、お節介を受けたのは本当に久しぶり。喜んでいいのか。頼りなく見えたのか。

|

« 今年は多い出現のジャコウアゲハ | トップページ | 老兵は死なず、と言うと »

男と女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65297966

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに、お節介を受ける:

« 今年は多い出現のジャコウアゲハ | トップページ | 老兵は死なず、と言うと »