« 続かないカメラの趣味 | トップページ | 男女の思いのズレ~映画『凱旋門』から »

2017年5月14日 (日)

初夏の万葉集

昨日の雨で、雑草たちが、一斉に生えだした。しばらく、雑草取りに追われそうだ。また木々たちも、一層緑を濃くしている。まさに初夏の雰囲気。そこで、万葉集の歌を取り上げる。学生時代に習った持統天皇の歌だ。

 春過ぎて 夏来たるらし 白妙の

   衣干したり 天の香具山

  (巻第一 二十八番)

改めて、鑑賞してみると、女性にしてはスケールの大きさを感じる。ただ、洗濯物(干し物であり、洗濯物とは限らないが)で夏を感じるところは女性的。流風なんて、洗濯物で季節は感じない。ただ、今は、冬と違って、早く乾くことは確かだが。

香久山は、もともと天上にあり、天下った山というこで、神聖な山らしい。それで「天の香具山」となっている。その雄大な山と干してある白い洗濯物の対比。また色彩的には、緑と白の対比でもある。やはり秀歌のようだ。学生時代は、何も感じなかったが(笑)。

|

« 続かないカメラの趣味 | トップページ | 男女の思いのズレ~映画『凱旋門』から »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65278226

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の万葉集:

« 続かないカメラの趣味 | トップページ | 男女の思いのズレ~映画『凱旋門』から »