« 姫路市立動物園が、ステージ出演者募集中 | トップページ | 日本画鑑賞入門のテキスト »

2017年5月25日 (木)

李下に冠を整さず、というと

どこかの首相が、学園関係者に便宜供与したのではないかと前々から話題になっている。強い指示をしていたという状況証拠から言うと、かなり怪しいことは確かだ。少なからず、彼らと交流があったことから、その疑念は深まるばかり。

首相に限らず、トップにある人は、その職務権限において、他者から怪しまれるようなことはしてはならないだろう。法律上は問題なくても、そのような立場に身を置くことは好ましくない。

昔から、李下に冠を整(ただ)さずと言うが、今回は、この話の謂れを取り上げよう。中国・戦国時代の話だ。斉は威王が位にあった。国内は、佞臣(ねいしん)周破胡に握られ混乱していた。彼は有能で自分に都合の悪い人間を除外し、能力的に自分の意のままになる出来の悪い人間をかわいがった。

これを見かねた後宮にいた虞姫という女が「周破胡を退け、賢明な北郭先生を用いるべきだ」と大胆にも王に訴える。ところが、このことが、周破胡の耳に入ってしまう。彼は、そのことを恨んで、虞姫と北郭先生の二人の関係は怪しいと言いふらす。

このことにより、王は虞姫を幽閉する。破胡は、これ幸いと買収した役人を使って彼女を罪に落とそうとする。ただ、王は、この調べ方に疑問を持って、改めて虞姫に直接、質(ただ)す。

彼女は、「王のために尽くしてきました。よこしまな人間に陥れられたけれど、私は潔白です」と主張。更に、「『瓜(か)田で履を履き替えず、李下に冠を整さず』というように疑われることを避けなかったこと、幽閉されても誰一人申し開きしてくれる人がいなかったことが私の至らなさです」と言った。

そして、「群臣が皆悪いことをしている中で、破胡が最も悪いことをしている」と再度、警告する。王は、その真心のある言い分に目が覚め、即刻、佞臣を罰し、賢臣を改めて任じて、国政は安定することになったという。

為政者は、常に用心深く、慎みを忘れてはならない。他人から、怪しいと嫌疑をかけられるような行いや言動は極力避けなければならないと先人は教えている。教養のない政治家が跋扈すれば、国政は危うい。

*参考

「李下に冠を整さず」は、『文選』・楽府・君子行にある。この文の前に、「君子は未然に防ぎ、嫌疑の間に處(お)らず」という一文がある。意味は、「君子たる者は、人から疑いを招くようなことを未然に防ぎ、嫌疑をかけられるようなことはしない」ということ。

某国の首相は、その点で非常に甘く、三流政治家の域を出ない。周囲の佞臣たちは、それをいいことに彼を利用している。

|

« 姫路市立動物園が、ステージ出演者募集中 | トップページ | 日本画鑑賞入門のテキスト »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65325196

この記事へのトラックバック一覧です: 李下に冠を整さず、というと:

« 姫路市立動物園が、ステージ出演者募集中 | トップページ | 日本画鑑賞入門のテキスト »