« 姫路・仏舎利塔に行く | トップページ | 孝行したい時には親はなし、と言うけれど »

2017年6月15日 (木)

夏のバラ 2017

ナンジャモンジャの木には、今、白い花が咲いている。そして、朝には、相変わらず、この木で鶯が鳴いている。その後は、いろんな木の上で鳴いているようだが、朝はお決まりのナンジャモンジャの木の上。よっぽど気に入っているらしい。

そして、夏のバラの花も満開だ。特に深紅のバラは、例年になく勢いがいい。花も大きい。数も多い。不思議に思っていたが、よく考えると、例年と違うことをやっていた。いつもは油粕だけなのだが、最近は、出し殻をやっている。

どうも、その効果のようだ。花屋が、バラは肥料食いと言われていたが、牡丹ほどではないと思っていた。だが、どうもそのようである。植物は、どれも適切な肥料が必要だろうが、バラは、少し多めの方がいいのかもしれない。それとも、今までの油粕では足りなかったのか。

ただ、この時期、深紅のバラは、多少、暑苦しい。他のバラが、咲くのを待つしかない。贅沢を言えばキリがないのも確か。見事な咲きようを有り難く思うとしよう。

|

« 姫路・仏舎利塔に行く | トップページ | 孝行したい時には親はなし、と言うけれど »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65414156

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のバラ 2017:

« 姫路・仏舎利塔に行く | トップページ | 孝行したい時には親はなし、と言うけれど »